【原因はホルモン?】フィンジアなら女性の薄毛にも効果が望める?

女性は常に美しさを求めているものですが、その美しさの象徴の一つに「髪」があります。出かける時には化粧とともに、髪のセットが欠かせません。

そんな大切な髪が薄毛になり出したら、すぐに育毛剤で頭皮や毛根を改善するべきです。

ただ、女性の体は繊細な面があるため、ミノキシジルなどの医薬品の配合された育毛剤を使うと、副作用で体を痛めることが懸念されます。

そんな女性でも安心して使える育毛剤が、「フィンジア」です。

\効果がなければ全額返金の詳細も公式でcheck/

フィンジアのキャピキシルは女性に最適

フィンジアに配合されている主成分はキャピキシルです。

キャピキシルは天然成分であるイソフラボンを主に含む「アカツメクサ」と、細胞修復能力の高い人工のアミノ酸でできた「アセチルテトラペプチド-3」の複合成分になっています。

体に副作用を与えるような医薬品は含まれていません。女性に優しい育毛剤です。

ミノキシジルの副作用は女性の大敵

医薬品のミノキジルを使った女性用育毛剤として有名な商品に、リアップ女性用リジェンヌがあります。

リジェンヌは第1類医薬品ではありますが、現在では問診を受けるなどの条件を満たせばネットからの購入が可能になっています。

過去、第1類医薬品の場合は、ドラッグストアの薬剤師から説明を受けないと購入ができませんでした。それほど、ミノキシジルの副作用の影響が大きいということです。

実際に、リジェンヌの注意書きには使用してはいけない人として、以下の記述があります。

リジェンヌの注意書きにある使用してはいけない人
  • 妊婦又は妊娠していると思われる人、並びに授乳中の人。
  • 妊娠、出産に伴い脱毛している人。
  • 壮年性脱毛症以外の脱毛症の人。

また、以下の人は事前に相談する必要があるとしています。

  • 高血圧の人、低血圧の人。
  • 心臓又は腎臓に障害のある人。
  • 甲状腺機能障害のある人。

引用元:https://brand.taisho.co.jp/riup/regenne/selfcheck/pdf/checksheet.pdf

なお、リジェンヌは壮年性脱毛症だけに効果のある育毛剤です。

フィンジアに副作用の起きない確実な証拠

巷では、キャピキシルの育毛効果はミノキジルの3倍あるという評価があります。3倍の効果ということは、3倍の副作用の可能性がある?という不安が起きます。

ところが、フィンジアにはそんなことが全くありません!その確かな証拠と言えるのは、キャピキシルが美容液に使われていることです。

女性にはまつ毛の手入れをしている人が少なくありませんが、実はまつ毛美容液にはキャピキシルが配合されています。

副作用の危険のある成分が、目に入る可能性の高いまつ毛美容液に使用されるわけがありません。

そして、フィンジアのもう一つの主成分がピディオキシジルです。ピディオキシジルはミノキシジルの誘導体であるため、性質はミノキシジルによく似ています。

そのピディオキシジルも、まつ毛美容液の成分として高い評価を得ています。失ったまつ毛が再生されてきます。

髪よりもデリケートなまつ毛の美容液として使用されていることが、フィンジアの安全性を物語っています。

天然成分のイソフラボンが女性の髪を守る

男性の薄毛であるAGA(男性型脱毛症)は男性ホルモンが大きく影響していますが、実は女性の抜け毛にも男性ホルモンが関わっています。

女性の体の中にも男性ホルモンがありますが、髪を守る働きをする女性ホルモンの量が圧倒的に多いため、抜け毛が生じることはありません。

しかしながら、女性が更年期を迎えたり、過度なストレスを受けたりして女性ホルモンのバランスが崩れると、男性ホルモンが活発化し、抜け毛が起きるようになります。

フィンジアに含まれるイソフラボンの有効性

フィンジアに含まれるイソフラボンは大豆に多く含まれる天然成分であり、女性ホルモンと同じような効能があります。

女性がイソフラボンを摂取すると女性ホルモンが増えることで、ホルモンバランスが改善され、薄毛の進行が止まります。

ヒオウギとアカツメクサのイソフラボンの働き

フィンジアのイソフラボンはヒオウギとアカツメクサ(別名レッドクローバー)に多く含まれています。特に、ヒオウギのイソフラボンはアグリコン型と呼ばれるもので、独特な性質があります。

アグリコン型のイソフラボンはほとんど女性ホルモンと変わらない物質になっており、他のイソフラボンよりも迅速に体内に吸収されることで、効果が素早く現れます。

さらに、

ヒオウギのエキスには、抜け毛を促す酵素の「5αリダクターゼ」の活動を抑制する働きがあります。この働きは、AGA(男性型脱毛症)の治療薬として使われるフィナステリドと同じです。

一方、アカツメクサのイソフラボンもヒオウギ同様に、女性ホルモンのバランスを改善する働きをします。

男女共同で使用できるフィンジアの利便性

フィンジアには男用、女用の区分けがありません。男女共同で使用できる育毛剤です。

フィンジアの公式サイトには、男女の使用方法における違いの記述がありません。

妊娠中、授乳中の女性の使用に関しても、販売元ユーピーエスのカスタマーセンターは以下のように回答しています。

カスタマーセンター

妊娠や出産の時期に育毛剤を使用すると、頭皮や髪に影響を与えることが少なくありませんが、フィンジアは天然成分が主成分になっているため、使用して問題の起きることはありません

カスタマーセンター

ご心配なことがあれば、かかりつけの医師に相談された上で使用されることをお勧めします

と付け加えられています。

女性向きに作られていない点としては、独特な匂い(漢方薬?)を放つことです。ただ、液体が乾けば匂いは消えて無くなります。

男性も、女性も、安心して使用できるのが、フィンジアの強みです。

\効果がなければ全額返金の詳細も公式でcheck/